英語学習の一番の基礎は発音や発声

英語学習の一番の基礎は発音や発声

 

英語を勉強する上で、ネイティブに伝わる発音や発声は非常に重要です。

 

英語学習の一番の基礎が発音と発声と言っても過言ではありません。

 

それができなければ、フレーズや英単語を覚えたとしても、

 

ネイティブと会話をする時に、上手に英語を伝えることが難しくなります。

 

フレーズや英単語を覚えられないと、英語の会話はできませんし英文を読むこともできません。

 

 

英語には発音とスペルが一致しないという大きな特徴があります。

 

特定の音に合わせたスペルの仕方をコツコツと学んでいかなければなりません。

 

 

発音はリスニングの能力にも大きく関係しています。

 

自分で発することのできない音は、聞き取ることも不可能だと言われています。

 

 

日本人は、英語のネイティブのような発音や音を出すことはなかなか難しいものです。

 

それでもできる限り、正確な音を出せるように練習する必要があります。

 

発音や発生を上手に学ぶにはスコットペリーのネイティブスピードもあります。

 

最初からきれいな英語の発音をを出せる人はいません。

 

やはり何度も練習して、発音や発生を繰り返し練習することで可能になります。

 

 

一番良い発音の学び方は、ネーティブに教えてもらう方法です。

 

普通のネイティブではなく、英語を教える資格を持った人が好ましいです。

 

ネイティブに自分の音をチェックしてもらい、悪いところは矯正するようにします。

 

 

ビジネスで使えるようになるための英語学習方法

 

英語の必要性がどんどん増していることは多くの方が認識していると思われます。

 

グローバル社会が当たり前になっているので、英語で仕事をする機会が明らかに増えています。

 

外資系企業が多くなっていますし、日本から海外に出ていくことも珍しくなくなっています。

 

楽天市場や大手企業などでは英語が公用語となっています。

 

その為、英語を流暢にぺらぺらと話せると企業側から見ても貴重な人材となり、

 

会社でのポストも各段に上がって行き重要視されてきます。

 

英語を流暢に話すには英語ぺらぺら君 中級編があるので勉強すると良いでしょう。

 

 

そこで、今からビジネス英語学習方法について見ていきます。

 

簡単な日常会話程度であれば独学や自宅勉強でもでも構わないですが、

 

ビジネス英語をスムーズに使いこなせるようになるためには英会話スクールで学習することをおすすめします。

 

ただし、優秀な英会話学習教材もあるので選ぶ必要性も出てきます。

 

 

英会話スクールでは日本人が苦手としているリスニング能力やスピーキング能力を鍛えることができます。

 

ネイティブな人達とコミュニケーションを取りながら学習を進めていくので、

 

自分だけで学んだ場合より間違いなく高い英語能力や学習効果があると言うことができます。

 

英会話スクールの費用は結構かかってしまいますが、

 

コミュニケーションが取れるレベルまでビジネス英語を身につけることができるので許容するべきです。

 

 

英語学習をすると理解できるヒアリングの大切さ

 

英語学習をしていくうえで身に付けておきたいのが、やはりヒアリング能力です。

 

相手の伝えようとしていることが理解できないとなれば、会話を弾ませることが出来ませんし、

 

英語で相手が伝えようと思っていることも理解することが出来ません。

 

 

英語学習でヒアリング力を身に付けたいのであれば、何度でも繰り返し聞くようにすることです。

 

耳が慣れてくることによって、早口で話された場合でも聞き取りやすく成りますので、

 

知り合った外国人にも話しかけやすく成ります。

 

 

日常英会話でのやり取りが必要になってくるので、

 

ネイティブ達と英語でスムーズに会話を出来るスキルが必要になってきます。

 

英会話を聞き取るスキルと話す英語力を学ぶにはネイティブイングリッシュが必要です。

 

会話が弾んで充実してきたというのに、もっと話を広げたくても英語力が足りないために

 

どう表現したらいいかわからないものです。

 

 

家事をしながらでもヒアリングの英語学習をすることはできます。

 

わざわざ時間を取らなくても、食事を作るときや洗濯機を回しているときなど、

 

何度でも一日のうちに時間を作らなくてもすみますので、

 

最初は何かをしながら行うのでもいいですので、知らないうちに英語を覚えられるようにしてみることです。

 
  • LINK2を更新しました
  • LINK1を更新しました